WordPressで目次を実装しようか考えている方へ目次が必要なのか不要なのかをこの記事で理由を合わせて解説していきます。目次はサイトの内容によってメリットやデメリットにもなるので必要かどうか一緒に考えてみましょう!また目次を実装する場合に役立つツールも合わせてご紹介しているのでそちらも必見ですよ!

目次は必要?不要?

目次を導入する前に閲覧者に何を伝えたいか考えてみましょう。当サイトの場合はWordPressやSEOなど技術や知識を伝えたいサイトになりますが、目次を設置することで一目で記事全体の流れを伝える事が出来ますし、目次のリンクをクリックすることで必要な記事部分に瞬時に移動することも出来ます。なのでユーザーにとってメリットが大きいと言えるので目次を実装しています。

では別サイトで小説や物語を伝えたいサイトがあったとして目次を設置した場合を考えてみましょう。見出しの書き方によりますが、本文を読む前からネタバレになってしまう可能性が出てきてしまいます。これは明らかにデメリットになりますので目次を実装しないか文頭ではなく、文末に設置するなど工夫する必要が出てきます。

ですのでまずはご自分のサイトで目次を実装するとユーザーにとってメリットになるかデメリットになるかを考えてみましょう!

目次を設置する上での注意点

目次を設置する事がユーザーに対してメリットとなる場合、目次を設置しますが注意したい点があるのでお伝えします。

目次が長すぎる

目次が長すぎる

目次を設置する上でまず気をつけたいのが目次の長さです。あまりに長すぎるとコンテンツが見えている画面幅のほとんどが目次しか表示されていない…といったことになってしまう場合があるので気をつけましょう。

対処法

対処法

目次を設置する上で見出しのレベルをどこまで含めるかを変更しましょう。見出しをどの様に扱うかによって変わりますがh2だけ表示が無難だと思います。

目次が見辛い

目次が見辛い<

実装したのは良いもののそのままデフォルトで放置されたりしていませんか?デフォルトの場合だと装飾がなく、さらに行間や文字間が適切ではない場合があります。その様な場合クリックし辛い可能性や文字が読み辛い可能性が出てきます。

派手に目次を装飾する必要はありませんが、ユーザーにとって読みやすい目次を作っていきましょう。

対処法

対処法

プラグインで目次を実装している場合はCSSを自分でカスタマイズできる場合はCSSを使って装飾を行いましょう。あまりCSSに自信がないなー…という方は僕が後ほどおすすめする目次プラグインの場合設定画面から装飾を変更できるので読みやすい色に変更してみましょう。

目次の表示状態

目次の表示状態

どうしても長い目次になってしまう場合は目次を開閉できる様にしておき、初期状態を閉じた状態で表示するのも1つの手かも知れません。こちらはサイトの内容によって異なるので一概には言えませんが、下記の対処法で紹介しているツールで計測しながらユーザーの行動を確認し目次の状態を決めるのが一番いいと思います。

対処法

対処法

ユーザーの反応を判断する際に無料で使える「Googleアナリティクス」や「ヒートマップツール」を使うとユーザーがどのぐらいの時間滞在していたかと目次の開閉ボタンがどのぐらいの頻度で押されているかを調べることが出来ます。

開閉を両方のパターンで行い一定期間試してみてユーザーの反応を見てみるとご自分のサイトの目次はどちらにした方が良いのかが分かります!

Googleアナリティクスのインストール方法はこちら

【簡単】WordPressにGoogle Analyticsを導入する方法

【簡単】WordPressにGoogle Analyticsを導入する方法

無料ヒートマップツールUserHeatのインストール方法はこちら

【全手順写真付き】ヒートマップツール「UserHeat」の使い方

【全手順写真付き】ヒートマップツール「UserHeat」の使い方

目次を簡単に設置できるWordPressのプラグイン

目次を設置する際におすすめなWordPressのプラグインが「Easy Table of Contents」です。更新頻度も高く、設定項目も多いのでプログラムを触らずに簡単に目次をカスタマイズ出来ます。

Easy Table of Contentsの使い方に関してはインストール方法などを含め専用の記事を書いていますのでそちらを参考にしてみてください。

WordPressの目次をプラグインを使って簡単に導入する方法

WordPressの目次をプラグインを使って簡単に導入する方法

まとめ

WordPressに目次は必要?不要?なのかを解説していきました。サイト内容によって答えは異なりますが、小さいところからコツコツとやって行けば必ず効果は出てくると思いますので頑張っていきましょう!