WordPressはライブラリに画像を追加することでいつでも任意の記事や特定の場所に挿入できる機能を持っています。今回はライブラリに画像を登録する方法と記事に挿入する方法、画像をライブラリに登録してエラーが起きてしまった時の原因・対処法をまとめてご紹介します。

画像をアップロードする前に必ず確認しましょう!

画像をアップロードする前に必ず確認しておきたい場所があります。それはアップロードした時に登録されるサイズです。どういうことかというとWordPressで画像をアップロードすると設定されている3種類+独自に設定できる画像サイズ自動的に作成されます

こういった特徴があるのであらかじめアップロードする画像のサイズに間違いが無いかを確認しましょう。確認方法はこちらに書きました。

WordPressの画像サイズの確認方法は?すぐに分かる解説します!

画像をアップロードする方法

まずは基本の画像をアップロードする方法をご紹介します。こちらがファイルアップロードの基本になり、他の種類のアップロードも同様なので必ず方法と画面を覚えましょう!!

新規追加画面を表示する

画像をアップロードするにはメディアの新規登録画面から行います。

サイドバーから表示する方法

1.管理画面左に表示されているサイドバーの「メディア」→「新規追加」をクリックします。

管理画面左に表示されているサイドバーの「メディア」→「新規追加」をクリックします

投稿画面から表示する方法

1.「メディアを追加」をクリックします。

「メディアを追加」をクリックします

2.「ファイルをアップロード」タブをクリックします。

「ファイルをアップロード」タブをクリックします

画像ファイルを選択(ドラッグ)する

画面が表示されたら画像をアップロードしてみましょう。アップロードする方法として2つあり画像ファイルをドラッグする方法ウィンドウで選択する方法です。僕のおすすめの手順としては

  • 1.画像を制作する
  • 2.TinyPNGで圧縮する
  • 3.フォルダの中身をドラッグする

という手順です。TinyPNGで画像をまとめて圧縮すると複数のファイルをフォルダでまとめてダウンロードできるので中身をそのまま全て選択してドラッグしています!こうすることで一気にアップロード出来ますし、TinyPNGで圧縮している待ち時間を別の作業に割り当てることも出来ます。

画像ファイルを選択(ドラッグ)する

TinyPNGは無料で画像を圧縮サービスです。使ったことが無いかたはこちらを参考に圧縮してみてください。結構サイズが変わるのでびっくりしますよ!

TinyPNG がWordPressに対応!プラグインで簡単に画像を圧縮

画像を1分で圧縮!パンダが目印の「TinyPNG 」の使い方

WordPressにアップロードできる拡張子

WordPressにアップロードできる拡張子はいくつかありますが、普段使いが多い代表的な拡張子を紹介していきます。

  • jpg, jpeg, jpe
  • png
  • gif

他にもアップロードできるものはありますが、上記3種類がほとんどだと思います。

簡単な違いとしてはjpgは写真に適している拡張子です。

pngはイラストに適している拡張子です。

最後にgifはアニメーションに適している拡張子になります。

無料素材をダウンロードしてそのまま使うのであれば拡張子は気にしなくても大丈夫ですが、Photoshopなどの画像編集ソフトで作成している方は拡張子を意識するだけで画像サイズがかなり変わってきますので書き出しを行う際は注目してみてください。

アップロードできる最大サイズを確認する

アップロードできる最大サイズはPHPの設定やWordPressの設定によって変わってきます。最大アップロードサイズはメディアの新規追加画面から確認出来ます。文字が少し小さいので確認しづらいかも知れませんが、念のため確認しておきましょう。

アップロードできる最大サイズを確認する

画像を編集する方法

画像の一覧画面はメディアライブラリと呼ばれる画面です。この画面で画像の編集や削除などを行います。アップロード画面同様、表示方法は2種類あるのでそれぞれをご紹介します。

管理画面のサイドバーから表示する方法

管理画面のサイドバーから表示する方法です。

1.管理画面左のサイドバーの「メディア」→「ライブラリ」をクリックします。

管理画面のサイドバーから表示する方法

投稿画面から表示する方法

1.投稿画面から表示する場合は、「メディアを追加」ボタンをクリックします。

「メディアを追加」をクリックします

2.「メディアライブラリ」をクリックします。

「メディアライブラリ」をクリックします

どちらの方法も同じ画面にたどり着くので差異はありませんが、両方覚えておき表示されている画面から近い方を選択しましょう。

画像がアップロード出来ない原因

画像がアップロード出来ない原因としていくつか考えられますが、代表的なものを挙げていこうと思います。

原因:拡張子やサイズが間違っている

まずは最初にこれを疑ってみましょう。例えばアップロードしようとした画像が.psdや.aiなど画像編集ソフトの拡張子のままアップロードしようとしていませんか?また画像ファイルのサイズは最大値を超えていないでしょうか?

原因:キャッシュ系プラグインに問題がある

主にキャッシュ系のプラグインを使っているとエラーが起きてしまう可能性があります。

対処法

キャッシュ系のプラグインをインストールしてる場合は一時的にプラグインを停止してみてアップロードを試してみてください。停止中だけアップロードに成功する場合は高確率でキャッシュ系のプラグインに原因があります。

原因:サーバー側に問題がある

格安レンタルサーバーを使っていて画像を連続で登録しようとすると結構な確率でアップロードに失敗してしまいます。

対処法

一度にアップロード行う枚数を減らしてみましょう。またサイト表示速度にも不満がある場合はレンタルサーバーを変更することも検討してみましょう。僕のオススメとしてはコストを抑え高性能なサーバーを提供しているカラフルボックスと絶対的な速度を提供しているエックスサーバーがおすすめです!

カラフルボックスの使い方はこちら

お得情報あり!カラフルボックスでWordPressを開設する手順

カラフルボックスにWordPressをインストールする手順

エックスサーバーの使い方はこちら

エックスサーバーでWordPressを今すぐに始める方法

エックスサーバーでWordPressを今すぐに始める方法

まとめ

WordPressで画像をアップロードする方法と出来ない原因を解説しました。画像をアップロードできると記事で文字ではわかりづらい内容を伝える時に大変役に立ちます。アップロードする方法をいますぐマスターしてより分かりやすい記事を作っていきましょう!!