カテゴリのリンクを作りたい。カテゴリIDを使ってURLを生成したい。

投稿用キャラクタ

そんな疑問にお答えします。

この記事ではget_category_linkの使い方を解説しています。記事の前半では基本的な使い方やパラメータなどの解説を行い、後半部分では実際に取得するためのサンプルコードを記述しています。

get_category_linkの使い方

get_category_linkはパラメーターにカテゴリIDを指定してURLを取得するシンプルなテンプレートタグです。

get_category_linkの記述方法

記述方法は簡単でパラメーターに整数でカテゴリIDを指定します。

<?php get_category_link( $category_id ); ?>

パラメーターの解説

パラメーター名 データ型 解説
category_id 整数 リンクを取得するカテゴリーID

戻り値

戻り値は文字列で以下のような形になります。

https://wp-fan.com/category/rental-server/

指定のカテゴリURLを取得する

パラメーターには整数を指定するので実際に記述すると以下のような形になります。

<?php echo esc_url( get_category_link( 55 ) ); ?>

esc_urlは無害化するためのタグです。僕のサイトの場合、カテゴリーID55はレンタルサーバーというカテゴリになります。

HTML出力例

https://wp-fan.com/category/rental-server/

画面表示例

https://wp-fan.com/category/rental-server/

get_categoriesと合わせて使う

テンプレートタグget_categoriesと合わせて使うことで指定したカテゴリーをリンク付きで出力できます。

<?php
	$args = array();
	$categories = get_categories( $args );
	foreach ( $categories as $category ) {
		echo '<a href="' . get_category_link( $category->term_id ) . '">' . $category->name . '</a><br/>';
	}
?>

get_categoriesの解説はこちら

【WordPress】複数のカテゴリーを取得できるget_categoriesの使い方

【WordPress】複数のカテゴリーを取得できるget_categoriesの使い方

HTML出力内容

<a href="https://wp-fan.com/category/hokkaido/">Hokkaido</a><br/>
<a href="https://wp-fan.com/category/tips/">TIPS</a><br/>
<a href="https://wp-fan.com/category/uncategorized/">Uncategorized</a><br/>
<a href="https://wp-fan.com/category/rental-server/">レンタルサーバー</a><br/>
<a href="https://wp-fan.com/category/%e5%a4%a7%e5%88%86%e7%9c%8c/">大分県</a><br/>
<a href="https://wp-fan.com/category/%e8%a6%aa%e3%82%ab%e3%83%86%e3%82%b4%e3%83%aa/%e5%ad%90%e3%82%ab%e3%83%86%e3%82%b4%e3%83%aa/">子カテゴリ</a><br/>
<a href="https://wp-fan.com/category/%e8%8c%a8%e5%9f%8e%e7%9c%8c/">茨城県</a><br/>
<a href="https://wp-fan.com/category/%e8%a6%aa%e3%82%ab%e3%83%86%e3%82%b4%e3%83%aa/">親カテゴリ</a><br/>
<a href="https://wp-fan.com/category/%e9%95%b7%e5%b4%8e%e7%9c%8c/">長崎県</a><br/>

画面表示例

Hokkaido
TIPS
Uncategorized
レンタルサーバー
大分県
子カテゴリ
茨城県
親カテゴリ
長崎県

リンク先は#に変更してあります。

まとめ

get_category_linkの使い方を解説しました。

パラメーターもシンプルなので簡単にカテゴリーのURLが取得できます。get_category_link単体で使う機会はなかなか無いかもしれませんが、get_categoriesなど別のテンプレートタグと一緒に使う機会が多いかと思います。

【WordPress】カテゴリ情報を取得する方法5選【PHP】

【WordPress】カテゴリー情報を取得する方法5選【PHP】