WordPressでバックアップを取るならプラグイン「All-in-One WP Migration」を使ってみましょう。難しいと思われるサーバー移動も数分で簡単に行うことが出来ます。この記事ではプラグインのインストールから使い方まで写真を使って解説しています。

All-in-One WP Migrationでできること

All-in-One WP Migrationでできる事はサイトのエクスポートインポートこれらはサーバーを移動する時に使います。例えばレンタルサーバーAからレンタルサーバーBに移動する時などです。画像や記事、WordPress上の設定、テーマなど含め全てをワンクリックで移動できます。

もう1つの機能としてバックアップがあります。これはサイトの移動はせず、バックアップを取りたい時に使います。

All-in-One WP Migrationの注意点

All-in-One WP Migrationを使う注意点として原則All-in-One WP Migrationは無料のプラグインですが、容量が512MB以上のサイトは有料のエクステンションを購入する必要があります。

サイトの内容を全て(ユーザー含め)保存し、新しいWordPressサイトに全て上書きするため新しいサイト側のものは全て消えます

インポート途中でブラウザを閉じるとデータが消失しサイトが表示されなくなる可能性があるので更新プログラムや充電など電源が切れそうな要素がないことを確実に確認しましょう。

プラグインのインストール

WordPressの管理画面より操作を行なってプラグインのインストールを行なっていきます。

1.左サイドの「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

左サイドの「プラグイン」→「新規追加」をクリックします

2.キーワード欄に「All-in-One WP Migration」を入力します。

キーワード欄「All-in-One WP Migration」を入力します

3.プラグインが表示されたら「いますぐインストール」をクリックします。

プラグインが表示されたら「いますぐインストール」をクリックします

4.「有効化」をクリックします。

「有効化」をクリックします

これでAll-in-One WP Migrationのインストールが完了し、使えるようになりました。使えるようになると左のサイドバーに項目が増えているはずなので確認しましょう。

これでAll-in-One WP Migrationのインストールが完了し、使えるようになりました。

All-in-One WP Migrationの使い方

All-in-One WP Migrationの使い方

サイトをエクスポートする方法

サーバー移動などで別のWordPressにサイトを移動したい場合はまずこの機能を使って今使っているレンタルサーバーのサイトをエクスポートします。

1.左サイドバーに表示されている「All-in-One WP Migration」→「エクスポート」をクリックします。

左サイドバーに表示されている「All-in-One WP Migration」→「エクスポート」をクリックします

2.データベース内の文字を置き換える場合は「検索 置換 データベース内」をクリックし、「置換前の文字列」、「置換後の文字列」を入力します。(サイトアドレスの置換は不要です。例:example.com→wp-fan.comは記述不要)

3.「高度なオプション」ではチェックを入れる事でエクスポートのデータからテーマやプラグインなど不要な物を省くことができます。サイトを丸ごと移したいならここのチェックは不要です。

4.「エクスポート先」をクリックします。

「エクスポート先」をクリックします

5.色々選択肢がありますが、ここでは一番簡単な「ファイル」を選択します。

色々選択肢がありますが、ここでは一番簡単な「ファイル」を選択します

ファイルが生成されます。少し待ちましょう。

ファイルが生成されます。少し待ちましょう

6.緑色でサイト名が表示されれば生成完了です。クリックしてファイルをダウンロードしましょう。

緑色でサイト名が表示されれば生成完了です。クリックしてファイルをダウンロードしましょう

エクスポートはこれで完了です。続いて新しいレンタルサーバーのWordPressにもAll-in-One WP Migrationをインストールし、有効化しましょう。

サイトをインポートする方法

1.エクスポートが終わったら新しいサーバーのWordPress管理画面を開いて「All-in-One WP Migration」→「インポート」をクリックします。

エクスポートが終わったら新しいサーバーのWordPress管理画面を開いて「All-in-One WP Migration」→「インポート」をクリックします

2.サイトのインポート画面が開きます。緑色の枠内に先ほどダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップします。

サイトのインポート画面が開きます。緑色の枠内に先ほどダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップします

3.ゲージが100%になっても数分かかるため、気長に待ちましょう。

ゲージが100%になっても数分かかるため、気長に待ちましょう

4.この表示が出たらインポート完了です。「閉じる」をクリックします。

この表示が出たらインポート完了です。「閉じる」をクリックします

5.画面左上の「家のアイコン」をクリックします。

画面左上の「家のアイコン」をクリックします

6.データベースを更新する画面が表示されるので「WordPressデータベースを更新」をクリックします。

データベースを更新する画面が表示されるので「WordPressデータベースを更新」をクリックします

7.更新が終わると更新完了が表示されるので「続ける」をクリックします。

更新が終わると更新完了が表示されるので「続ける」をクリックします

8.念の為パーマリンクを2回更新するため、左サイドバーの「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします。

念の為パーマリンクを2回更新するため、左サイドバーの「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします

9.項目は変更せず「変更を保存」をクリックします。

項目は変更せず「変更を保存」をクリックします

10.保存が終わったらもう一度「変更を保存」をクリックします。

項目は変更せず「変更を保存」をクリックします

これでサイトのリンクも更新されたのでサイトを見てみてリンク切れが発生していないか、期待通りのページに遷移できるかを確認しましょう!

バックアップを作成する方法

1.左サイドバーに表示されている「All-in-One WP Migration」→「バックアップ」をクリックします。

左サイドバーに表示されている「All-in-One WP Migration」→「バックアップ」をクリックします

2.「バックアップを生成」をクリックします。

「バックアップを生成」をクリックします

3.エクスポートをした時と同じ項目が表示されます。今回は書き換える必要はないのでそのまま「エクスポート先」→「ファイル」でバックアップをとります。

エクスポートをした時と同じ項目が表示されます。今回は書き換える必要はないのでそのまま「エクスポート先」→「ファイル」でバックアップをとります。

4.緑色でリンクが出現したらクリックしてバックアップファイルをダウンロードします。

緑色でリンクが出現したらクリックしてバックアップファイルをダウンロードします

バックアップから復元する方法

バックアップの復元は有料化されたのでインポートからファイルを読み込ませるか、有料化する方法になります。

まとめ

誰でも簡単に一瞬でサイト丸ごとバックアップが取れるプラグイン「All-in-One WP Migration」のご紹介をしました。容量が大きくないサイトならこのプラグインを使えば基本的にスムーズにサーバー移行が出来るかと思います!ぜひお試ししてみてください。