投稿用キャラクタ

SEO対策したいけどいくつもプラグインを入れるのはいやだ!!1つにまとまっているプラグインはないかなー?

今回はそんな人にぜひ使っていただきたいSEOプラグイン「All in One SEO Pack」の設定方法と使い方を工程ごとに画像を使ってご紹介します。初心者の方に向けた記事なので専門用語は出来るだけ噛み砕き、難しい表現は避けています。

また名前の通りSEO関連の機能がてんこ盛りなので全て設定するのには時間がかかります。そこで絶対に必要な項目を上から順に解説していくので他のプラグインやテーマの機能で既に設定している箇所は飛ばしてください!

最低限やっておきたい設定は重要度:高にしていますのでこれだけやっておけば間違い無いです。

All in One SEO Packの設定方法と使い方

All in One SEO PackはプラグインとしてリリースされているものでSEOプラグインの中でも屈指の人気を誇ります。まずはプラグインをインストールしないと使えないので早速WordPressにプラグインをインストールしていきましょう。

プラグインのインストール

1管理画面左のサイドバーより「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

2検索欄に「All in One SEO Pack」を入力します。

検索欄に「All in One SEO Pack」を入力します

3「今すぐインストール」をクリックします。

「今すぐインストール」をクリックします

4「有効化」をクリックします。

「有効化」をクリックします

ここまででインストールが完了しました。

All in One SEO Packの設定方法

続いて設定を行なっていきます。まずはタイトルとディスクリプションの設定を行なっていきます。

【重要度:高】 タイトルとディスクリプションの設定

All in One SEO Packをインストールするとページ別にタイトルとディスクリプションを設定できます。ここは重要項目なので必ず設定しましょう。

まずはトップページの設定から行なっていきましょう。

トップページのタイトルとディスクリプションを設定

1管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「一般設定」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「一般設定」をクリックします

2少し下にスクロールしホームページ設定の「ホームタイトル」、「ホームディスクリプション」を入力します。

少し下にスクロールしホームページ設定の「ホームタイトル」、「ホームディスクリプション」を入力します

3一番下までスクロールし「設定を更新」をクリックします。

一番下までスクロールし「設定を更新」をクリックします

これでタイトルとディスクリプションを設定できました。

これらとは別にメタキーワードと呼ばれるものがあります。

近年ではメタキーワードはSEO的には関係なくなりました。ですが必要な方は入力することができます。「設定を更新」の上にキーワード設定があります。この項目を「有効」にすると

「設定を更新」の上にキーワードを設定を「有効」にすると

タイトルやディスクリプション入力欄のすぐ下にキーワード入力欄が表示されます。

タイトルやディスクリプション入力欄のすぐ下にキーワード入力欄が表示されます。

記事単位のタイトルとディスクリプションを設定

投稿記事や固定ページなどの記事単位ごとにタイトルとディスクリプションを入力できます。

デフォルトだと記事の全てに同じタイトルとディスクリプションが適用されてしまっているはずなので記事にあった内容に書き換えてあげましょう。一例として投稿記事のタイトルとディスクリプションを設定します。

1管理画面左のサイドバーより「投稿」→「投稿一覧」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「投稿」→「投稿一覧」をクリックします。

2タイトルとディスクリプションを設定する記事のタイトルをクリックします。

タイトルとディスクリプションを設定する記事のタイトルをクリックします

3「All in One SEO」までスクロールし「説明(ディスクリプション)」や「タイトル」を入力します。

「All in One SEO」までスクロールし「ディスクリプション」や「タイトル」を入力します

4画面右上の「更新」ボタンをクリックします。

画面右上の「更新」ボタンをクリックします

【重要度:高】 サイトのindex設定

indexとは検索エンジンに登録するかどうかを設定する項目になります。indexは登録noindexは登録をしないという意味です。こちらもページ種類で設定ができるのでそれぞれ設定していきましょう。

ページ種類でindexを設定

1管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「一般設定」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「一般設定」をクリックします

2「Noindex設定」までスクロール、公開したくないタイプのページ種類にチェックを入れます。

これに関してはサイトの作り方によって検索エンジンに登録したい箇所が変わってくるかと思いますので一概には言えませんが、基本的に投稿や固定ページは公開するのでチェックを外します。

基本的に投稿や固定ページは公開するのでチェックを外します。

カテゴリやタグページは割とindexさせている方が多いと思います。あとはチェックを入れといて後々必要になった時だけ公開していけばいいと思います。

カテゴリやタグページは割とindexさせている方が多いと思います。

3一番下までスクロールし「設定を更新」をクリックします。

一番下までスクロールし「設定を更新」をクリックします

記事単位でindexを設定

こちらもタイトルやディスクリプションと同じように記事単位で設定ができます。

例えば定期的にお知らせを表示するためのお知らせページなどは内容が薄く重複しやすい傾向にあるかと思います。

ですが、削除してしまうとユーザーが閲覧できなくなってしまうのでこういったページはこちらの記事単位でnoindexを設定しましょう。

1管理画面左のサイドバーより「投稿」→「投稿一覧」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「投稿」→「投稿一覧」をクリックします。

2indexを設定する記事のタイトルをクリックします。

タイトルとディスクリプションを設定する記事のタイトルをクリックします

3記事下までスクロールし「NOINDEX このページ/投稿」にチェックを入れます。

記事下までスクロールし「NOINDEX このページ/投稿」にチェックを入れます

4画面右上の「更新」ボタンをクリックします。

画面右上の「更新」ボタンをクリックします

【重要度:高】 サイトマップを作成

サイトマップは検索エンジンにサイトがどういう構造をしているかを知らせる為のものです。これに関しては作成する為の専用プラグインがありますが、できる限りプラグインは減らしたほうがいいので重要度を高にしました。

1管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「機能管理」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「機能管理」をクリックします

2「XML サイトマップ」の「Activate」をクリックします。

「XML サイトマップ」の「Activate」をクリックします

続いてどのページをサイトマップに載せるかを設定していきます。

3管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「XML サイトマップ」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「XML サイトマップ」をクリックします

4「XMLサイトマップ」までスクロールします。

「XMLサイトマップ」までスクロールします

5どのページをサイトマップに載せるかの設定は投稿タイプとタクソノミーにて指定をします。ここでは先ほどのindexの設定と同様の設定を行いました。

どのページをサイトマップに載せるかの設定は投稿タイプとタクソノミーにて指定をします。

6「サイトマップを更新」をクリックします。

「サイトマップを更新」をクリックします

【重要度:中】 Googleアカウントと連携

ここから重要度は下がります最低限上記に記載した重要度が高の設定を行なっておけば大丈夫です

ここからはプラグインを使わなくても設定できることがほとんどなので重要度を中以下としています。

Googleアカウントの連携と書きましたが、具体的にいうとGoogla AnalyticsとSearch Consoleの連携です。この2つはこのプラグインを使わなくても自分でコードをコピペすれば簡単に設定ができます。

Googleアカウントの連携方法

ここからGoogleアカウントの連携を行なっていきます。Googla AnalyticsとSearch Consoleで貼り付けるコードがそれぞれ異なるので1つずつご紹介します。

テーマや他のプラグインで既に設定している場合、データが重複してカウントしたり正常にデータが反映されない可能性がありますので既に設定している場合は飛ばしましょう。

Googla Analyticsと連携する方法

Googla Analyticsと連携するためにはトラッキングIDと呼ばれるIDが必要になります。トラッキングIDはGoogla Analyticsの管理画面から取得します。

1Googla Analytics管理画面左下の「管理(歯車)」をクリックします。

Googla Analytics管理画面左下の「管理(歯車)」をクリックします

2プロパティの下に表示されている「トラッキング情報」→「トラッキングコード」をクリックします。

プロパティの下に表示されている「トラッキング情報」→「トラッキングコード」をクリックします

3トラッキングIDの下に英数字が表示されているのでコピーします。

トラッキングIDの下に英数字が表示されているのでコピーします

これでコードは取得できたのでWordPressの管理画面に戻ります。

4左サイドバーの「All in One SEO」→「一般設定」をクリックします。

左サイドバーの「All in One SEO」→「一般設定」をクリックします

5「Google設定」までスクロールし「Google アナリティクス ID」に先ほどのコピーした英数字を貼り付けます。

「Google設定」までスクロールし「Google アナリティクス ID」に先ほどのコピーした英数字を貼り付けます

6一番下までスクロールし、「設定を更新」をクリックします。

一番下までスクロールし、「設定を更新」をクリックします。

Search Consoleと連携する方法

Search Consoleに関しても専用のコードが必要になりますのでまずはSearch Consoleにアクセスしコードを取得していきます。

1画面左上のサイト名をクリックします。(サイトを初めて登録する場合はログインするとこの画面は表示されず手順3の画面が表示されます)

画面左上のサイト名をクリックします。

2「プロパティを追加」をクリックします。

「プロパティを追加」をクリックします

3「URLプレフィックス」にU自サイトのURLを入力し「続行」をクリックします。

「URLプレフィックス」にU自サイトのURLを入力し「続行」をクリックします

4初期ではHTMLファイルが選択されていますが、これを変更するため画面右上のアイコンをクリックします。

初期ではHTMLファイルが選択されていますが、これを変更するため画面右上のアイコンをクリックします

5「HTMLタグ」をクリックします。

「HTMLタグ」をクリックします

6タグに記述されているcontent=””の中の英数字をコピーします。

タグに記述されているcontent=

ここまででコードの取得が完了しました。続いてAll in One SEO Packに設定指定きます。

7左サイドバーの「All in One SEO」→「一般設定」をクリックします。

左サイドバーの「All in One SEO」→「一般設定」をクリックします

8ウェブマスター認証までスクロールします。

ウェブマスター認証までスクロールします

9「Google Search Console」に先ほどコピーした英数字を貼り付けます。

「Google Search Console」に先ほどコピーした英数字を貼り付けます

10一番下までスクロールし、「設定を更新」をクリックします。

一番下までスクロールし、「設定を更新」をクリックします

ここまででサイトに反映されているはずです。Search Consoleで確認してみましょう。

Google Search Consoleで反映を確認する

反映を確認するにはGoogle Search Consoleに一度戻ります。

1「確認」ボタンをクリックします。

「確認」ボタンをクリックします

所有権を確認しましたと表示されれば成功です。

【重要度:中】 OGPの設定

これを設定するとSNSでシェアされた際によりインパクトがある表示に変更できます。またシェアされた時に表示される画像をアイキャッチなどに変更できるのでより記事に関連する画像を表示することができます。

1管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「機能管理」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「機能管理」をクリックします

2「ソーシャルメディア」の「Activate」をクリックします。

「ソーシャルメディア」の「Activate」をクリックします

3管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「ソーシャルメディア」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「ソーシャルメディア」をクリックします

4「ホームページ設定」までスクロールします。

「ホームページ設定」までスクロールします

5タイトルとディスクリプションに関しては「AIOSEO の Title と Description を使用する」にチェックを入れるとAll in One SEOで設定したタイトルとディスクリプションがそのまま使われます。個別に変更したい方はチェックを外して入力してください。

個別に変更したい方はチェックを外して入力してください タイトルとディスクリプションに関しては「AIOSEO の Title と Description を使用する」にチェックを入れるとAll in One SEOで設定したタイトルとディスクリプションがそのまま使われます

6「ホーム画像」はトップページがシェアされた時に表示される画像です。画像をアップロードをクリックして選択しましょう。

「画像設定」までスクロールします

7「画像設定」までスクロールします。

「画像設定」までスクロールします

8表に対応した内容を入力します。

OG:Image ソースを選択 シェアされた時に表示される画像の種類(おすす目はアイキャッチ画像)
画像が見つからない場合はデフォルトを使用 チェックを入れると画像がない場合デフォルト画像に指定している画像を表示
デフォルトの OG:Image デフォルトの画像を指定
デフォルトの画像幅 デフォルトの画像の幅(px単位)
デフォルトの画像高さ デフォルトの画像の高さ(px単位)
画像にはカスタムフィールドを利用する WordPressカスタムフィールドという機能使って画像を指定する場合はカスタムフィールド名を入力する
右にスクロールできます。

1一番下までスクロールし「設定を更新」をクリックします。

一番下までスクロールし「設定を更新」をクリックします。

これでサイト全体のOGP設定ができました。続いて記事ごとにOGPを設定する場合の設定方法を書きます!

記事ごとにOGPを設定する

投稿や固定ページから記事ごとにOGPを設定する方法です。ここでは例として投稿の任意の記事を選択し変更してみます。

1管理画面左のサイドバーより「投稿」→「投稿一覧」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「投稿」→「投稿一覧」をクリックします。

2OGPを設定したい記事のタイトルをクリックします。

OGPを設定したい記事のタイトルをクリックします。

3All in One SEOのタブを「ソーシャル設定」タブに切り替えます。

All in One SEOのタブを「ソーシャル設定」タブに切り替えます

4ここで入力した内容が記事がページがシェアされた時に出力されます。よくある設定例として個別に画像を設定したい場合はここで画像を設定します。

ここで入力した内容が記事がページがシェアされた時に出力されます。

5画面右上の「更新」をクリックします。

画面右上の「更新」をクリックします

【重要度:低】 Google ナレッジグラフの設定

ここから難易度が更に下がり低になります理由としては中と同じようプラグインを使わなくてもできることでかつ今すぐに設定しなくてもサイトの運営上問題が無いものだからです。

ナレッジグラフというのは企業名などを検索した時にまとまった情報を表示するものです。例としてGoogleと検索した時に表示されるものは以下になります。

ナレッジグラフに関しては全てのページで表示されるわけではなく、ある程度検索数がないと表示されないものになります。なのでここでは新規でサイト運営を行う上では影響はほぼ無いと考え難易度を低としました。

1管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「ソーシャルメディア」をクリックします。

管理画面左のサイドバーより「All in One SEO」→「ソーシャルメディア」をクリックします

2「ソーシャルプロフィールリンク」までスクロールします。

「ソーシャルプロフィールリンク」までスクロールします

3以下に対応した内容を入力します。

ソーシャルプロフィールリンク SNSのアカウントURL(複数の場合は改行で区切ります。)
個人または組織のどちらですか ? 個人か組織のどちらかを選択
関連付けられた名前 表示名
右にスクロールできます。

4下までスクロールし「設定を更新」をクリックします。

下までスクロールし「設定を更新」をクリックします

まとめ

かなり長くなってしまいましたが、All in One SEO Packの設定方法と使い方をご紹介しました。重要なのは難易度高のものだけなので最初は上の3つだけ済ませてしまいましょう。後々時間ができてから難易度中以降のものを触っても遅くは無いですよ!