WordPressで記事を更新すると自動で送信されているPingとは一体どういうものなのか?を簡単にご紹介します。

まだPing送信を設定していない方はこの記事でPingに関しすぐに操作出来るように設定方法を画像を使って説明しているのでぜひチェックしてみてください。

Pingとは?

Pingとは?

普段あまりPingって聞かないですが、Pingってそもそもなに?と思われる方も多いかも知れません。

PingはWordPressで記事を更新すると更新した記事のタイトルやディスクリプションなどの記事情報を指定先に自動で通知する仕組みの事を言います。

パソコンが詳しい方はえ?Pingってコマンドを打ってネットーワークの疎通を確認するものでしょ?と思われるかも知れませんが、別物になりますので注意しましょう。

Pingを使うメリット

Pingを設定する事で自動で記事の更新を通知することが出来ます。それによってインデックスが早まるとも言われています。

僕自身はデフォルトの通知先で設定していますが、大幅にインデックスの時間が変わったと実感出来るほどではないので時間がある時に設定しておこうぐらいの認識で大丈夫です。

Pingを使うデメリット

Pingを使うデメリット自体はありませんが、Pingを何度も重複送信してしまったり(ここでいう重複とは記事更新などの数回程度ではなく、明らかにおかしい回数です)、送信先を悪意のあるサイトに設定してしまうとサイトがスパム扱いを受けてしまう可能性があります

なので正しい送信先に設定を行う必要があります。

Ping設定を確認する

Pingの設定を確認するには管理画面左サイドバーの「設定」→「投稿設定」を開きます。

Ping設定を確認する

少し下にスクロールすると「更新情報サービス」が出来てきますがこれがPingの設定画面になります。

少し下にスクロールすると「更新情報サービス」が出来てきますがこれがPingの設定画面になります。

デフォルトだと一行だけ書いてあります。「http://rpc.pingomatic.com/」はWordPressが推奨しているPingの送信先でここに送信するだけで複数のサイトにPing送信を分散することが出来ます。

日本語に特化したサイトであれば専用のPing送信先があるのでそちらを設定してみましょう。

日本語のPing送信先

ここではWordPressのCodex(公式のオンラインマニュアル)に記載されているPing送信先を記載します。

ブログなどでは様々なPing送信先が紹介されていますが、正しくない送信先や情報が古い可能性がありエラーが発生する確率が上がります。

Ping送信先は更新されていくので必ずしも以下が正しいわけではありません。

リンクも張っておくのでコーデックス本家で確認するのが一番です。念の為確認しましょう。

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://bulkfeeds.net/rpc 
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://coreblog.org/ping/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.blogmura.jp/rpc/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.exblog.jp/xmlrpc
http://www.blogpeople.net/ping/

英語のPing送信先

同じく英語で記事を書いている人向けに英語用のPing送信先があるのでこちらも記載します。

http://rpc.pingomatic.com
http://rpc.twingly.com
http://api.feedster.com/ping
http://api.moreover.com/RPC2
http://api.moreover.com/ping
http://www.blogdigger.com/RPC2
http://www.blogshares.com/rpc.php
http://www.blogsnow.com/ping
http://www.blogstreet.com/xrbin/xmlrpc.cgi
http://bulkfeeds.net/rpc
http://www.newsisfree.com/xmlrpctest.php
http://ping.blo.gs/
http://ping.feedburner.com
http://ping.syndic8.com/xmlrpc.php
http://ping.weblogalot.com/rpc.php
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.technorati.com/rpc/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://www.feedsubmitter.com
http://blo.gs/ping.php
http://www.pingerati.net
http://www.pingmyblog.com
http://geourl.org/ping
http://ipings.com
http://www.weblogalot.com/ping

使っているサイトの言語によって使い分けてください。

Pingに関するプラグインを設定する

冒頭でPing送信は自動で送信を行うと書きましたが、実は下書き状態で保存した際にも送信されています。

本来であれば記事が完成して公開状態になった時だけ送信された方が良いと思いますよね?そういった送信タイミングを変更しPing送信を最適化してくれるプラグインがあります。

WordPressでブログ更新を通知するPingとは?簡単にご紹介します!

WordPress Ping Optimizerの使い方と必要性をご紹介

こちらの記事で使い方をご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

ただし注意点としてサーバーで使っているPHPのバージョンが7.2以上を使っているとワーニングが表示されます。このプラグインを導入するのであれば、問題点が修正されてからインストールされることをオススメします

まとめ

Pingについてご紹介しました。Pingをいじったから劇的に順位が上がった!とはなりませんが、比較的簡単に出来るサイトの調整として試してみてはいかがでしょうか。