ホームページ制作会社やSEO対策会社の宣伝でホームページをWordPress(ワードプレス)にするとSEOが強くなりますよ!と行った宣伝をよく見ますが、これは半分嘘です。今回はなぜ半分が嘘なのか真実をお伝えできればなと思います。これからホームページを作ろうと思っている方は必見です。

WordPress(ワードプレス) = SEOが強いは嘘

まずはじめにお話しさせていただくとWordPressをサイトにインストールしたからとってSEOに強くなる訳ではありません。

どういう事かというとWordPressはサイトを効率的に作成できるCMSですが、サイト設定や適用するテーマによってサイト構成がガラッと変わってきます。なのでWordPressを入れたからと行って100%SEOが強くなるということは言い切れません

したがってWordPressでSEO対策をするのであれば正しいサイト設定やテーマ選びを行い、ユーザーが必要としているコンテンツを作っていき日々情報を更新する必要があります!

悪質なSEO対策会社には注意

悪質なSEO対策会社には注意

最近は大手のSEO会社でも悪質なSEO対策を行なっている会社があります。悪質なSEO対策を行なってしまうと高額なお金が無駄になる以外にサイト自体の評価も下がってしまう可能性が大いにあります

事前に調査を行わないですぐに見積もりを出したり、順位を保証したり高額な料金を見積もり詳細は書かない会社は要注意です。絶対に依頼しないようにしましょう。

悪質なSEO業者例:人工リンク

人工リンクサービスと呼ばれる、人工的にリンクを作り出し〇〇本〇〇円〜といった形で販売されているものです。昔は効果がありましたが、Googleは日々検索エンジンのアップデートを行なっており、今では効果が薄く、リスクが非常に高いものになっています。

そもそもリンクを売買することはGoogleは禁止していますので明らかな規約違反です。まだ見つかっていないものも今後アップデートでペナルティ扱いになる可能性が高いので絶対に購入は控えましょう。

悪質なSEO業者例:コンテンツSEO

近年ユーザーに役に立つ記事が優先的に上位に表示される傾向があります。そこまではいい話ですが、コンテンツSEOを語ってユーザーに対して「良質な記事を用意しましょう!」といった謳い文句で提案し、誰が見ても明らかに質が低い記事を納品するだけの業者もいます。

そういった記事をいくら公開しても順位は上がりませんし、むしろユーザーの離脱率が向上してしまう恐れがあります。

悪質な業者に捕まらないようにする

以上の他にも悪質な手口はありますが、そういった悪質な業者に捕まらないようにするにはどうすればいいでしょうか。答えはSEOの正しい知識をつける事です。

丸投げをすると明らかにSEOに対して知識がないことが明白ですし、業者に依頼するのであれば少しでも正しい知識をつけて業者が提案してくる内容に規約違反が含まれていないか判断する必要があります。

WordPressはSEO対策を行いやすい

WordPressはSEO対策を行いやすい

ここまでWordPressに対して悪いイメージの内容を書いてしまいましたが、WordPressはSEO対策を行いやすいことも事実なので半分嘘と表現しました。1例をあげるとパーマリンクという機能を使うとサイトのURL構造をシンプルで記事の内容に沿ったものに変更できます。

WordPressはプラグインと呼ばれる追加機能があります。このプラグインを使うと例えばブラウザや検索エンジンにサイトの情報を伝えることができるメタタグの最適化を行なったり、重要なコンテンツを確実に検索エンジンに伝えるサイトマップというものを自動で作ることができます。

ただしプラグインを入れすぎるとサイトの表示速度が遅くなってしまい逆効果になりますので注意しましょう。

まとめ

WordPress(ワードプレス)はSEOに強いは半分は嘘という内容でお話しさせていただきました。もちろんSEO対策しやすいことも事実ですが、それに付け込んだ悪質な業者が知識のない方に効果のないSEOを行なっていて高額な料金を請求している事案が増えている事も事実です。