SEOツールは高額なツールばかりで手が出ない..とお悩みの方に是非オススメしたい無料サイト検索順位チェックツール「SERPOSCOPE」のご紹介です。これで今日から無料でサイトの検索順位チェックを自動化できます!

SERPOSCOPEのメリット

SERPOSCOPEは無料以外にもメリットがあります。それは幾つでもキーワード、サイトを登録し放題なところです。これはかなり大きなメリットで通常キーワードの個数やサイト数に制限があり、それを越えると追加料金を取られます。しかし「SERPOSCOPE」ならそんなことは心配せずに思いっきり検索順位をチェックできます。

SERPOSCOPEのデメリット

SERPOSCOPEのデメリットは2つあり、1つ目はインストールがやや難しいところ、2つ目は検索待ちの時間があることです。1つめに関してはこの記事で写真付きでインストールの仕方をご紹介するのでご安心ください。2つめに関しては待つしかありませんが、ここまで無料で検索出来てしまうので仕方ないと割り切れる方にはぜひオススメなツールです!

インストール方法

SERPOSCOPEはWindowsとMacどちらも対応しています。ここではWindowsを使ってインストール方法をご紹介します。もしMacを使っている方がいれば、Macのインストール方法は専用の記事を用意したのでチェックしてください。

1.SERPOSCOPEのダウンロードページにアクセスします。

2.画面中央の「Download」をクリックします。

画面中央の「Download」をクリックします

3.Windowsの下に表示さている「Download」をクリックします。

Windowsの下に表示さている「Download」をクリックします

4.ダウンロードしたファイルを実行します。

5.Setupのウィンドウが表示されます。これは必要なファイル(プログラム)が不足しており、今からダウンロードしますか?と聞いています。ここでは今インストールしたいので「はい」をクリックします。

Setupのウィンドウが表示されます。

6.「無料JAVAのダウンロード」をクリックします。ちなみに不足しているファイルというのがこのJAVAにあたります。

「無料JAVAのダウンロード」をクリックします。ちなみに不足しているファイルというのがこのJAVAにあたります

7.注意書きが表示されていますが、ここではJAVAプラグインは使用しないのでそのまま「同意して無料ダウンロードを開始」をクリックします。

注意書きが表示されていますが、ここではJAVAプラグインは使用しないのでそのまま「同意して無料ダウンロードを開始」をクリックします

8.画面下にウィンドウが表示されます。「実行」をクリックしましょう(またはダウンロードにいきファイルを実行)。

画面下にウィンドウが表示されます。「実行」をクリックしましょう

9.JAVAヘようこそと表示されている画面が表示されます。「インストール」をクリックします。

JAVAヘようこそと表示されている画面が表示されます。「インストール」をクリックします

10.今回のインストールするバージョンには影響がないので「OK」をクリックします。

今回のインストールするバージョンには影響がないので「OK」をクリックします

11.インストールが完了したので「閉じる」をクリックします。

インストールが完了したので「閉じる」をクリックします

12.改めてSERPOSCOPEのファイルを実行します。

13.先ほどとは違う画面が表示されます。ここは規約同意画面なので問題なければ「I accept the agrement」をクリックし「Next」をクリックします。

先ほどとは違う画面が表示されます。

14.インストールの準備が出来ているので「Install」をクリックします。

インストールの準備が出来ているので「Install」をクリックします

15.インストールが終わりインストールした場所などが表示されるので確認し「Next」をクリックします。

インストールが終わりインストールした場所などが表示されるので確認し「Next」をクリックします

この画面が表示されればインストールが完全に終了しているので「Finish」をクリックします。

この画面が表示されればインストールが完全に終了しているので「Finish」をクリックします

SERPOSCOPEのアカウントを作成する

早速SERPOSCOPEのアイコンをダブルクリックしてソフトを表示してみましょう。

1.アカウント作成画面が表示されるので「メールアドレス」と「パスワード(最小6文字)」をそれぞれ2回ずつ入力します。

アカウント作成画面が表示されるので「メールアドレス」と「パスワード(最小6文字)」をそれぞれ2回ずつ入力します

2.「Create」をクリックします。

「Create」をクリックします

3.緑色で「Admin account created」と表示されれば成功です。入力した内容を再びそれぞれ入力し「Login」をクリックします。

SERPOSCOPEの使い方

ログインに成功するとスタート画面が開きます。ここからはSERPOSCOPEの使い方をご紹介していきます。

グループの作成

2.まずはグループの作成を行なっていきます。「NEW Group」をクリックします。

まずはグループの作成を行なっていきます。「NEW Group」をクリックします

3.「Name」にグループ名を入力し、「Save」をクリックします。

「Name」にグループ名を入力し、「Save」をクリックします ※グループ名は一括りにする一つのグループなのでカテゴリ名やサイト名など分かりやすいものをつけましょう。

緑色で「Group created」と表示されれば成功です。

緑色で「Group created」と表示されれば成功です

ウェブサイトの登録

次にウェブサイトの登録を行なっていきます。

画面右上の「ADD website」をクリックします。※画面が狭い時は「」アイコンに変化します。

次にウェブサイトの登録を行なっていきます

Name」には検索したいサイト名、「Pattern」には検索したいドメイン名(当サイトの場合はwp-fan.com)を入力し「Save」をクリックします。

「Name」には検索したいサイト名、「Pattern」には検索したいドメイン名(当サイトの場合はwp-fan.com)を入力し「Save」をクリックします

緑色で「Website added」と表示されていれば成功です。

検索キーワードを登録

最後に検索したいキーワードを登録していきます。

1.「Add seach」をクリックします。※これも画面が狭い時は虫「眼鏡アイコン」に変わって表示されます。

「Add seach」をクリックします。※これも画面が狭い時は虫「眼鏡アイコン」に変わって表示されます

2.「Keyword」に検索したい順位のキーワードを入力します。

「Keyword」に検索したい順位のキーワードを入力します

3.「Country」は検索したい言語を選びます。僕は日本からの検索数を測りたいので「JP」を選択します。

「Country」は検索したい言語を選びます。僕は日本からの検索数を測りたいので「JP」を選択します

4.「Save」をクリックします。

「Save」をクリックします

番外編:複数キーワードをまとめて登録

キーワードを一つずつ登録すると鬼のように時間がかかってしまうので複数キーワードをまとめ登録するのがオススメです。方法としては二つあるのでご紹介します。

手入力で直接登録する方法

2-3個簡単に登録したい時は手入力で直接打ち込んでしまう方が早いと思います。

1.先ほどのキーワード登録画面を開きます。

先ほどのキーワード登録画面を開きます

2.下までスクロールし「Bullk import」をクリックします。

下までスクロールし「Bullk import」をクリックします

3.テキスト入力欄に以下の形で記述します。

キーワード1,jp,,desktop,,
キーワード2,jp,,desktop,,
キーワード3,jp,,desktop,,
※キーワードの箇所は自分のキーワードに置き換えてください!またスマホ表示の結果が欲しい時はdesktopをmobileに置き換えます。 テキスト入力欄に以下の形で記述します

4.入力が終わったら「Save」をクリックします。

入力が終わったら「Save」をクリックします

他のSEOツールと連携して登録する方法

search consoleなどのツールからダウンロードしたキーワードを登録したい場合などはこちらを使います。例としてsearch consoleの検索ワードを使ってみましょう。

1.search consoleにログインし「検索パフォーマンス」をクリックします。

search consoleにログインし「検索パフォーマンス」をクリックします

2.少し下までスクロールし「ダウンロードアイコン」→「Google スプレッドシート」をクリックします。

少し下までスクロールし「ダウンロードアイコン」→「Google スプレッドシート」をクリックします

3.検索キーワードの少し下に以下を貼り付けてください。

=〇〇&",jp,,desktop,,"
検索キーワードの少し下に以下を貼り付けてください

4.〇〇の箇所は検索ワードが始まるセルに修正してください。僕の場合はA1から始まっているのでA1に修正です。

すると先ほどのキーワードが必要な書式で表示されます。

すると先ほどのキーワードが必要な書式で表示されます

5.あとはセルの右下あたりにカーソルを持っていくと十字のハンドルになるのでそれを下にドラッグします。

あとはセルの右下あたりにカーソルを持っていくと十字のハンドルになるのでそれを下にドラッグします

6.そうするとずらずらっと変換されていくので登録したい場所までドラッグします。

7.表示されている必要な部分だけを選択しコピーします。

表示されている必要な部分だけを選択しコピーします。

8.先ほどのキーワード登録画面を開きます。

9.下までスクロールし「Bullk import」をクリックします。

下までスクロールし「Bullk import」をクリックします

10.コピーしていた文字を貼り付けます。

コピーしていた文字を貼り付けます

Save」をクリックすると貼り付けたキーワードが一気に登録されます。

「Save」をクリックすると貼り付けたキーワードが一気に登録されます。

登録したキーワードで検索する

長くなってしまいましたが、ここまでくれば検索するだけなので早速検索してみましょう。

1.画面上部の「CHECK RANKS」をクリックします。

画面上部の「CHECK RANKS」をクリックします

2.新しく検索する場合は「Check all keywords」をクリックします。

新しく検索する場合は「Check all keywords」をクリックします 下の黄色いボタンは検索に失敗した際に改めて検索するボタンです。

ボタンを押すと検索が開始されます。ゆっくり待ちましょう!

検索結果を確認する

1.ゲージが100パーセントになったら「GROUPS」をクリックします。

ゲージが100パーセントになったら「GROUPS」をクリックします

2.先ほど入力したNameをクリックします。

先ほど入力したNameをクリックします

3.Name欄にある「チャート」や「テーブル」をクリックします。

Name欄にある「チャート」や「テーブル」をクリックします

すると順位やグラフが表示されます。お恥ずかしながらこのサイトはまだ作成してから20日ほどなのでまだ検索順位にはほぼ入っていませんでした(泣)

まとめ

無料でサイトの検索順位をチェックできる「SERPOSCOPE」をご紹介しました。Windows、Macでそれぞれ利用できて検索数の制限がないソフトはSERPOSCOPEだけではないでしょうか。導入する際に少し手間がありますが、十分価値があるソフトだと思います!